油断は禁物!車内での紫外線対策

  • ブログ
  • NEW
油断は禁物!車内での紫外線対策

まだ本格的な夏が来る前ですが、実は今の時期でも空から降り注ぐ紫外線量って真夏と変わらないんですよ!ということで、クルマでお出かけでも紫外線対策を講じましょう。

【UVカットガラスは100%ではない】

でもウチのクルマはUVカットガラスだし……と言う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに年式の新しいクルマには紫外線を99%カットするスーパーUVカットガラスが使われることが多くなりました。でもこれはフロントガラスにのみ。サイドガラスやリアガラスの紫外線カット率はせいぜい90%といわれていますので、やはり対策は必要です。

 

【対策1】UVカットフィルムを貼る

窓に貼る事で外からの紫外線を遮断してくれるUVカットフィルム。スモークタイプなら日焼けはもちろん、遮熱効果やインテリアの色あせも防いでくれます。ただし、フロントガラスと運転席側・助手席側のガラスは可視光線の透過率が70%以上必要と道路交通法で定められているのでフロント周りのガラスには透明タイプ(または可視光線透過率70%以上)を選ぶようにしましょう。

 

【対策2】サンシェードを装着

サンシェードは簡単に着脱ができるお気軽なアイテム。吸盤で貼るタイプやサンバイザーで挟むタイプなどさまざまなサンシェードが販売されています。外してもコンパクトに畳めるのも魅力。ただし、こちらもUVカットフィルムと同様、ロントガラスと運転席側・助手席側には使用できません。(駐車中はOKです)

 

【対策3】窓に塗るタイプ

窓に塗布して紫外線をカットするリキッドもあります。ガラス面に塗るだけでUVカットができるお手軽さが人気です。効果は約2か月程度のものが多く、ムラのないようにしっかりと塗ることがポイント。ただし、夜間には視界が歪んで見えてしまうことがありますので、フロントガラスには使用できません。

 

※最後に上記にプラスして

アームカバーやサングラス、日焼け止めなどで二重の紫外線対策を。アームカバーは夏場のカーエアコンによる冷えも防いでくれますよ!

これで「片方の腕だけ日焼けした」という悲劇は回避できるでしょう。これからの紫外線の季節を快適にお過ごしください♪

スマホで簡単クルマのえんアプリ 今すぐ無料ダウンロード!
  • AppStore
  • GOOGLEPLAY