寒冷地仕様の車って、どこがどう違うの?

  • ブログ
  • NEW
寒冷地仕様の車って、どこがどう違うの?

 

北海道や東北地域では一般的な寒冷地仕様車ですが、見たことも聞いたこともない、という方も多いのではないでしょうか。

「寒冷地」とはマイナス10度以下の気温になる地域を指し、寒冷地仕様車はマイナス10度以下に対応し、普通に運転できる仕様の自動車を指します。

寒冷地仕様車は、主にどのような機能を兼ね備えているのか、ご紹介します。

 

オルタネーターやバッテリーの容量が大きい

まず、気温が低くなるとバッテリーの機能は低下します。寒冷地仕様車の最も大きな特徴は「バッテリー」や「オルタネーター(発電機)」の容量が大きいという点です。車が冷えている状態でエンジンをかけようとすると、負荷が大きく、始動時にパワーが必要になります。そのため、あらかじめ容量の大きいバッテリーを搭載することで、スムーズにエンジンがかけられるようになっています。
また、寒冷地では暖房を使う機会が多く、エアコンやシートヒーターなどを多用することでバッテリーへの負担も大きくなるので、容量の大きなバッテリーが推奨されています。

エンジンオイルや冷却水

エンジンオイルは気温が低くなると粘り気が強くなり、始動時に抵抗が大きくなることでエンジンのかかりが悪くなります。なので温暖な地域で使うものよりサラサラしたオイルを使用します。
冷却水は濃度によって凍結温度が変わるので、普通仕様車と同じ濃度の冷却水を寒冷地で使用すると凍ってしまう可能性が高くなります。普通仕様車は30%程度に調節されていますが、寒冷地では最も凍りにくい濃度の50~60%に調節されているものもあります。

ワイパーなどの仕様変更

ワイパーは、積雪をかき分け視界を確保する重要な役割を担うため、重い雪をかき分けることができるようモーターが強化されています。
また、ワイパー自体が太くなっていたりゴムが劣化しにくいようになっている車種も多く、雪の力でワイパーが折れてしまうことを防ぎます。

凍結防止対策

寒冷地仕様車には、さまざまなパーツに凍結防止対策が施されています。窓ガラスやミラーなどの凍結・曇り対策として「ヒーター」が装備されていたり、フロントガラスやリアガラスに熱線を貼ることでワイパーに付着した雪や氷を溶かす機能もあります。走行中にデファレンシャルギアなどに雪が付着し凍結してしまうのを防ぐ「スノープロテクター」やエンジン周辺の凍結や機能低下を防ぐ「エンジン アンダーカバー」、ドアの凍結防止仕様など、車種によってさまざまな対策がされています。

錆び対策

北海道や東北地方に限らず、冬場の道路には凍結防止剤や融雪剤が撒かれている場合があります。材料には「塩化ナトリウム」や「塩化カルシウム」が使われており、錆の原因となります。寒冷地仕様車の下側は、普通仕様車よりも塗装が厚く塗られているため錆びに強くなっています。

 

<寒冷地仕様とは ポイントまとめ>

  • オルタネーターやバッテリーの容量が大きい
  • エンジンオイルの硬度や冷却水の濃度が違う
  • ワイパーなどが仕様変更されている
  • ヒーターや熱線など凍結防止策がされている
  • 錆び対策がされている

車種によって装備は異なりますが、極寒の中でも安全に運転ができるように様々な工夫が施されているのが寒冷地仕様車です。

寒いところを走る予定で中古車を購入する場合、寒冷地仕様かどうかは、はずせないチェックポイントだと心がけ、車選びを楽しみましょう。

_________________________________________________

中古車を購入したいアナタは→コチラ

中古車を売りたいアナタは→コチラ

 

スマホで簡単クルマのえんアプリ 今すぐ無料ダウンロード!
  • AppStore
  • GOOGLEPLAY