免許証の写真をキレイに撮るコツ

  • ブログ
  • NEW
免許証の写真をキレイに撮るコツ

免許証の写真、自信のある人はいますか?

運転免許証の写真は、身分証明書として使用する場合が多く、何気に他人に見られる機会が多い写真でもあります。でも、あれって、写りに満足している人ってどのくらいいるのでしょうか。笑顔での撮影がNGだと言えども、だいたいなぜか目つきが悪く、への字口で、さらにクマとかシワとかしっかり映り込んでコワイ顔になっているの、なんででしょう。。今の時代、スマホやプリクラで撮った写真はアプリでどこまでも自分の思い通りに画像の加工ができますが、唯一(といってもいいくらい)、加工できないのが免許証の写真かもしれません。できあがった免許証を見て、「うわ、やっぱりイマイチ」と更新のたびに思うのは私だけではないと思います。一度撮影すると3~5年使用することになりますから、どうせならできるだけ写りを良くしたいですよね。そこで今回は、免許証写真をできるだけキレイに撮るコツをご紹介します。

どんな服を着ればいいの?

まずは服装からチェック!写真を撮る際は明るい服を着ると全体が明るい印象になるため、白やベージュがおすすめです。小顔効果を期待するなら、VネックやUネックなどの首回りが詰まっていないもの、襟のあるもの、サイズ感はカラダにフィットしているものを着るとすっきりした印象を与えられます。

念のため、着てはいけないもの、着ない方がよいものもあるのでチェックしてください。

【着てはいけないもの、着ない方がいいもの】

  • 水色の服・・・背景が青なので、背景と同化してしまう水色の服はNGです。
  • 顔が隠れる服・・・特別な理由がなければ、あごにかかってしまうタートルネックやマフラー、帽子やヘアバンドの着用はNGです。
  • 肌の色に同化する服・・・肌と同化し、裸に見えてしまう服はNGです。
  • 黄色は背景の青と反対色でコントラストがきつく、黒は顔色が沈むので避けた方が無難でしょう。

ヘアスタイルはコンパクトにすっきりと

ヘアスタイルも重要なポイントです!輪郭をカバーするために髪をおろした方が小顔に見えると思いがちですが、影が落ちやすく重たい印象になりやすいため、できるだけすっきりした髪型で撮影することを意識しましょう。ロングヘアの人は一つにまとめたり、前髪も長い場合は、おでこを出したり、耳にかけるなど、顔の周りをすっきり見せると明るさが増して写真写りが良く見えやすくなります。

メイクは薄めが吉

輪郭をカバーするために濃いめにメイクをしたくなる気持ちもわかりますが、一般的に運転免許の写真は顔が濃い目に写る傾向があると言われています。逆にふだんよりやや薄めのメイクで、肌色を明るくすること、また頬や鼻筋にハイライトやシェーディングを入れることで顔に光を集め、影の少ない明るい表情を演出することが可能です。血色が気になる場合は、チークのみ濃いめに入れるのもおすすめです。また、流行を取り入れたメイクは次第に時代遅れになって恥ずかしい思いをすることがあるので、スタンダードなメイクを心がけると良いでしょう。

背筋はピンっ!口角をあげる

さあ、あとはもう気合の問題です。アゴを引いて背筋を伸ばし、目をしっかり開いて静止、歯は見せず、やや口角を上げると引き締まった表情になります。
できれば心の中でちょっと面白いシーンを想像して、目で笑いましょう。(アナタならできる!)
ひざの上に白いスカーフやハンカチを置くことで、レフ板の効果が期待できます。

 

気に入った写真が撮れたら、それだけでテンションがあがりますよね♪

テンションをアゲて楽しくドライブ!ぜひ、免許写真の撮影の参考にしてください。

 

____________________________________________________

クルマを買い替えたいアナタ→コチラ

そろそろクルマが欲しいアナタ→コチラ

 

スマホで簡単クルマのえんアプリ 今すぐ無料ダウンロード!
  • AppStore
  • GOOGLEPLAY