ホントに空から撮ってるの? 360度モニターの仕組みとは

  • ブログ
  • NEW
ホントに空から撮ってるの? 360度モニターの仕組みとは

バックで駐車する際、まるで上空から撮った映像を見ながら入庫できる技術、テレビCMで見たことありませんか。すでに自身の愛車にも搭載されている方も多いと思います。

日産は「アラウンドビューモニター」、トヨタは「パノラミックビューモニター」、ホンダは「マルチビューカメラシステム」、マツダは「360°ビュー・モニター」、スズキは「全方位モニター」、ダイハツは「パノラマモニター」などなど、名称は違いますがこの機能は現在広く取り入れられています。

でもこれって、どうやって撮影しているのでしょう? 衛星から撮影しているのかも?!

いえいえ、実は最新の合成技術が使われているのです。

その仕組みとは

カメラはほとんどの車種でフロント・両サイド・リアに取り付けられています。これらのカメラで撮影された周囲の映像と、クルマ本体の映像と合成して真上から撮っているように見せています。

ちなみにクルマの本体はこのときに撮影しているのではなく、あらかじめメーカー側で撮ってあった画像を合成しています。

クルマの周りに取り付けられたカメラの映像を空から撮ったように変換する技術が最先端なのです。

このおかげで車庫入れや縦列駐車がカンタンになる一方、カメラの汚れによる映像不良などで物損事故を起こす可能性もありますので、目視による確認を最優先にするよう心がけましょう。

 

 クルマを買い替えたいアナタ→コチラ

 そろそろクルマが欲しいアナタ→コチラ

スマホで簡単クルマのえんアプリ 今すぐ無料ダウンロード!
  • AppStore
  • GOOGLEPLAY