ハイヒールやサンダルでの運転はNG?!夏の運転で気を付けたいこと

  • ブログ
  • NEW
ハイヒールやサンダルでの運転はNG?!夏の運転で気を付けたいこと

毎日、暑い日が続いていますね。
今の時期、ついついラクチンだから、涼しいからとサンダルなどで運転していたりしませんか?
実はそれ、安全面でも法律的にもNGです!
サンダルやハイヒールでの運転は道路交通法違反になる可能性があります。

サンダルだと、とっさのブレーキなど確実な操作ができない

例えば、
「サンダルがペダルに引っかかりブレーキが踏めなくなってしまう」
「予期せぬ衝撃などでサンダルが脱げてしまう」など、
かかとを覆っていないタイプの履物にはこのような危険が起こりやすくなります。

 

道路交通方には、下記のような記載があります。

道路交通法第70条(安全運転の義務)
車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

サンダル履きでの運転は、法令の「ブレーキその他の装置を確実に操作し」という文言に抵触し、安全運転義務違反と判断される可能性があります。
その場合、違反点数は2点、罰金:大型車(12,000円)、普通車(9,000円)、二輪車(7,000円)、小型特殊者・原動機付自転車(6,000円)です。

また、事故を起こした際に、サンダルやクロックスなどかかとが覆われていない履物を履いていた場合に、「過失」とみなされ、示談交渉や裁判の際に不利になってしまい、賠償額の負担が重くなってしまうケースも想定されます。

 

各都道府県が定めるNGな靴

道路交通法とは別に、各都道府県の定める道路交通規則により詳細は異なるため、どのような条例が定められているのか確認しておきましょう。

■かかとの高いハイヒール、下駄、スリッパ、木製サンダルなど

<東京都の場合>
■東京都道路交通規則 第8条 (2)
「木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと」(引用:東京都道路交通規則)

<神奈川県の場合>
■神奈川県道路交通規則 第11条 (4)
「げた、スリッパその他運転を誤るおそれのある履物を履いて車両(軽車両を除く。)を運転しないこと」(引用:神奈川県道路交通規則)

<大阪府の場合>
■大阪府道路交通規則 第13条 (4)
「げた又は運転を誤るおそれのあるスリッパ等を履いて、車両(軽車両を除く。)を運転しないこと」

「ここでいう「スリッパ」は、かかとをとめる装置がなく運転中足に定着しないため脱落しやすいことから運転を誤るおそれがあると認められるものであるが、通常、運転を誤るおそれがあると認められる履物には、このスリッパのほか、サンダル(わらじ式のものを除く。)、つっかけ草履等があり、いずれも足に対して定(密)着性を欠き、その形状、性能から運転操作の過程において脱落等の不安定な状態が起こり、運転を誤るおそれがあると認められる。しかし、どの履物がこれに当たるかは、当該車両と履物について個別に判断しなければならない。 なお、草履等については、鼻緒があり、底が比較的薄く平らで、柔軟性があって足に定着し、しかも形態も特異なものでなく、運転操作の過程で脱落する等運転の妨げとなるおそれがないものであれば、これに含まれないものとする。」(引用:大阪府道路交通規則)

大阪府のようにかなり詳細に記載されている場合もありますね。

 

反則金は普通車6,000円、大型車7,000円です。

 

 

おしゃれなサンダルやハイヒールでの運転には危険がたくさん潜んでいます。

同乗者や歩行者に危険を及ぼす可能性もあります。

オシャレをしてお出かけする際も、運転する場合は、スニーカーやスリッポン、ドライビングシューズなどに履き替える、またはクルマに常備しておくのも良いですね。

いずれにせよ、安全な履き物での運転をしましょう。

 

 

____________________________________________________

夏こそは!

 クルマを買い替えたいアナタ→コチラ

 そろそろクルマが欲しいアナタ→コチラ

 

スマホで簡単クルマのえんアプリ 今すぐ無料ダウンロード!
  • AppStore
  • GOOGLEPLAY