タイヤチェックしてますか?

  • ブログ
  • NEW
タイヤチェックしてますか?

クルマの車体を支えているタイヤは、当然ながら消耗品。走行距離や経年で劣化します。劣化したまま走り続けると、燃費が悪くなったり走行性能が落ちたりすることはもとよりスリップ事故やバースト・パンクなど重大な事故につながる危険もありますので、適切なタイミングで交換をしましょう。今日はタイヤ交換の目安についてです。

 

チェックポイント① スリップサイン

タイヤの消耗はトレッド面に刻まれた溝の深さで知ることができます。サイドウォール部分にはスリップサインの位置を示す△マークが数か所に刻まれていますので、その部分の溝をチェックしてみましょう。スリップサインが露出していると、それはもうタイヤの限界。溝がすり減っていると雨天の際ハイドロプレーニング現象など、事故を起こす可能性が高まります。

 

チェックポイント② ひび割れなどの外傷

縁石にこするなどして出来る傷や経年劣化によるひび割れはありませんか? 重い車体を支え、さらに高い空気圧がかかったタイヤは軽微な傷でもそれが原因で走行中にバーストを引き起こす恐れがあり危険です。

 

一般的な夏タイヤは3年から5年、走行距離にして5万kmが寿命と言われていますが、運転のクセにより左右されます。定期的にチェックをして適切なタイミングでタイヤ交換するようにしてください。時々オートバックスのお店で見てもらうのもオススメですよ!

 

 

おまけ:タイヤをチェックするときは、ハンドルを切って停めると目視しやすいです。

 

クルマを出品するならコチラ

クルマを購入するならコチラ

スマホで簡単クルマのえんアプリ 今すぐ無料ダウンロード!
  • AppStore
  • GOOGLEPLAY